豆知識★

 

 

上の写真はG-SPORTSスタッフといつも忙しいときお手伝いしてくれるともえ&しょうくん!!

いつもありがとうございます★

 

昨日も一日中指導しておりましたGo姉REEでございます('ω')ノ

木曜日はお休みですがブログ更新(≧◇≦)

 

今日は少し消費カロリーや基礎代謝の豆知識をご紹介★

毎日運動をしてますが、知識を持って運動すればもっと効率的にダイエットしたり鍛えたりすることができます。

自分の身体の事を知っておく事がとても大事になってきます!!

是非参考にしてみてくださいね!(^^)!

 

 

運動での消費カロリー

 

運動をすると脂肪が燃焼した気分になります。しかし実際は自分で思っているほどはカロリーを消費していないものです。 また、運動を続けることはとてもたいへんです。体脂肪は7キロカロリーの運動で1グラムしか燃焼しません。 (1㎏の脂肪を落とすには、7000kcal の運動が必要な計算になります。) 
よって、食事での摂取するカロリーや基礎代謝が重要になります。

 

基礎代謝
生命を維持するのに必要な最低限のエネルギー(脳・筋肉・内臓などを維持する)のことで、基礎代謝の1/4程度は筋肉によって消費されます。 よって、筋肉が多いほど基礎代謝が増え、何もしていないときの脂肪燃焼量が増えます。
基礎代謝量が大きくなれば生活習慣病やメタボリック症候群の予防、ダイエットにもなります。 

自分の基礎代謝量の求め方(おおよその値です)
体重体組成計や体脂肪計などで体脂肪量を測定し、除脂肪体重(脂肪を除いた体重)を求めます。
  
これから、基礎代謝量は下記のようになります。
  基礎代謝量(kcal)=28.5×除脂肪体重(kg) 


(例1)体重50kg、体脂肪率10%(体脂肪量5kg)の場合
除脂肪体重=50-5=45(kg)
基礎代謝量=28.5×45=1280(kcal) 

(例2)体重50kg、体脂肪率20%(体脂肪量10kg)の場合

除脂肪体重=50-10=40(kg)
基礎代謝量=28.5×40=1140(kcal) 

 

(例3)体重50kg、体脂肪率30%(体脂肪量15kg)の場合

除脂肪体重=50-15=35(Kg)

基礎代謝量=28.5×35=1000(kcal)

 

 

BMI(体格指数)の測定方法


BMI=体重÷(身長×身長)

 

判定 やせ 普通 肥満度1 肥満度2 肥満度3 肥満度4
BMI 18.5未満 18.5~25 25~30 30~35 35~40 40以上

 

BMI指数が「22」のときが最も病気になりにくいことがわかっています。



例 : 身長160cm、体重50kg の場合
BMI=50÷(1.60×1.60)=19.53