緊急時対応・防犯・感染症対応マニュアルについて

 

 

緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアルについて

 

 

 

避難場所に関しては下記のとおりです。

 

・地震、水害(津波、洪水)

 

 西和佐小学校

 

 ※事業所がある区域は、土砂災害警戒区域、津波災害警戒区域のどちらにも該当しない区域です。

 

 ※モンキーⅡの建物の被害がない場合、施設内で待機。

 

・火災

 

 事務所(モンキーⅡ)より北に50m先の事業所駐車場

 

・ミサイル

 

 窓やガラスの少ない部屋(食堂)

 

・防犯(不審者)

 

 適時利用児さんの安全を守ることが出来る部屋

 

 

 

緊急時に備え、災害対応マニュアルを策定しております。

 

災害対策マニュアルには、

 

①職員役割分担 ②連絡体制の整備 ③利用者情報 ④施設の休業判断 ⑤避難判断 ⑥災害に応じた避難方法

 

⑦施設設備の点検 ⑧地域住民とのネットワーク ⑨防災訓練の実施 

 

上記をもとに緊急時の際は、速やかに行動できるように日頃から周知徹底しております。

 

 

 

感染症対応マニュアル

 

①水の管理 ②感染症の予防 ③感染症の発生把握、拡大防止、処理方法 ④空調設備の管理

 

上記をまとめ、日頃より職員には研修の機会を設け、未然に防止する事や発生した際の拡大防止に対して周知徹底し

 

ております。

 

※ノロウイルスやインフルエンザや各種感染症にかかった場合や疑いのある場合のサービスの提供はお断りさせて頂く場合がございます。

 

 

 

各種詳細を聞きたい、又はご覧になりたい場合に関しては、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

                            災害対策、人権擁護、防災対策、衛生管理担当 窓口

 

                                               橋本 浩史

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年度の実施記録

 

・防犯訓練(火災)

 

 平成28101日 指導員9人、利用児さん19人で実施。

 

 食堂で昼食を用意している際に火災が発生した想定で行いました。 初期消火に失敗したので全員を避難させた。

 

 避難場所:事務所より北に50m先の事業所駐車場

 

 避難方法:事務所より北に50m先の事業所駐車場に、手をつなぎ徒歩により移動

 

 

 

・防犯訓練(不審者)

 

 平成281119日 指導員9人、利用児さん23人で実施。

 

 午前10時の朝の会を実施している際に不審者があらわれた。庭から室内に入ろうとしたがカギをすべて施錠していたので入れず、警察とセコムの緊急連絡を行い出動要請を願い出た。

 

 避難場所:食堂

 

 避難方法:全員を食堂に避難させ扉を閉め、指導員数名が不審者に退去するよう呼びかけた。

 

 

 

・防災訓練(地震)

 

 平成29228日 指導員10人、利用児さん25人で実施。

 

 午後1515分に地震が発生し、各施設で揺れが収まったのを確認後、建物の状況を確認し、避難が必要と判断し避難を行った。避難開始から西和佐小学校への所要時間は「27分」だった。

 

 避難場所:西和佐小学校

 

 避難方法:事務所より北に50m先の事業所駐車場に徒歩でいったん集合し、全員が避難できたのを確認し、西和佐小学校へ避難。

 

 

 

本年度実施記録

 

・防犯訓練(ミサイル発射)

 

 平成29107日 指導員9人、利用児さん21人で実施。

 

 モンキースクール利用児さん→朝の会中に実施。

 

 モンキーズスクールⅡ利用児さん→庭で遊んでいる際に実施。

 

 Jアラートを大音量で鳴らし、「北朝鮮がミサイルを発射した」という掛け声をもとに避難を開始した。

 

 室内の利用児さんはガラスの少ない食堂へ避難してもらい。頭を伏せ、目と耳をふさいでもらえるように指示した。庭で遊んでいた利用児さんは、ロッククライミングの下のマットに伏せてもらい、目と耳をふさぎJアラートが鳴りなむまで伏せてもらった。

 

 避難場所:室内→食堂、 室外→庭のマット

 

 

 

・防犯訓練(地震)は平成29122日、防災訓練(火災)は平成302月に実施予定。